利用規約
第1条(会員規約の適用)
この会員規約は、株式会社エディパ(以下、エディパといいます)が提供する会員向けサービス(以下、当サービスといいます)を、会員が利用する際の一切に適用します。
第2条(定義)
1. 「会員規約」とは、エディパから当サービスの提供を受けるための個人の契約をいいます。
2. 「会員」とは、エディパとの間で会員契約を締結している者、および締結した会員規約に基づいて、エディパが当サービスの利用を承諾した者をいいます。
3. 「利用規約等」とは、エディパが当サービスの利用に関し、この会員規約の他に別途定める利用規約および諸規定をいいます。
4. 「個人情報」とは、会員に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、メールアドレス、その他の記述等により特定の会員を識別する事ができるものを(他の情報と容易に照合する事ができ、それにより特定の会員を識別することができるものを含みます)をいいます。
第3条(規約の範囲)
1. 利用規約等は、名目の如何に関わらず、この会員規約の一部を構成するものとします。
2. この会員規約本文の定めと利用規約等の定めが異なる場合は、当該利用規約等の定めが優先されるものとします。
3. エディパが会員に対して発する第5条所定の通知は、会員規約の一部を構成するものとします。
第4条(規約の変更)
1. エディパは、会員の承諾を得ることなく、会員規約を随時変更できるものとし、会員はこれを承諾するものとします。
2. 前項の変更・改定は、当サイトに変更・改定後の会員規約を掲載したときから有効となります。
第5条(エディパからの通知)
エディパは、当サイトでの掲示や電子メールの送付、その他エディパが適当と判断する方法により、会員に対し、随時必要な事項を通知します。
第6条(会員契約の申込)
1. 当サービスの利用を希望するものは、エディパ所定の方法により、会員契約の申込を行うものとします。
2. エディパは、会員契約の申込をした者(当該会員契約の対象者も含み、以下、申込者といいます)は、会員契約の申込を行った時点で、この会員規約の内容に対する承諾があったものとみなします。
第7条(申込の承諾)
エディパは、会員の申込に対し、必要な審査・手続きを経た後にこれを承諾します。
エディパがこの承諾を行った時点で、会員契約が成立するものとします。
第8条(申込の非承諾)
エディパは、審査の結果、申込者が次のいずれかに該当する場合、その者の会員契約の申込を承諾しないことがあります。
(1) 申込者が実在しない、もしくは実在しない恐れがあると判断した場合
(2) 申込の時点で、会員規約の違反等により、IDの一時停止、強制退会処分もしくは会員契約申込の不承諾を現に受け、または過去に受けた事がある場合
(3) 申込の際の申告事項に、虚偽、誤記、又は記入漏れがあった場合
(4) 申込した時点で、当サービスの利用料金の支払いを怠っていること、または過去に支払いを怠ったことがある場合
(5) 申込の際に決済手段として当該申込者が届け出たクレジットカードがクレジットカード会社により無効扱いとされていること、またはエディパの指定する決済関係先が当該申込者との契約の締結を拒否した場合
(6) その他、エディパが会員として不適当と判断した場合
第9条(譲渡禁止等)
会員は、会員規約に基づいて当サービスの提供を受ける権利を、第三者に譲渡、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供する等の行為は出来ないものとします。
第10条(退会)
1. 会員は、会員契約を解約する場合は、エディパ所定の方法で届け出るものとします。 エディパは、すでに受領した利用料金の払い戻し等は一切行いません。
2. 会員規約に基づいてエディパサービスの提供を受ける権利は一身属性のものとします。 エディパは当該会員の死亡を知り得た時点を以って、前項届出があったものとして取り扱います。
3. 本条による解約の場合、当該時点において発生している当サービスの支払いは、第22条規定に基づき、為されるものとします。
第11条(会員認証情報の管理)
1. 会員は、自己の責任において、自己のID及びパスワードを厳重に管理するものとします。
2. 会員は、自己のID及びパスワードを第三者に使用させること、及び譲渡、貸与することはできませ ん。
3. 会員は、自己のID及びパスワードを失念した場合、第三者に知られた場合及び第三者に不正に使用されている疑いがある場合は、直ちにエディパに届け出て、エディパの指示に従うものとします。
4. 会員が、前号の届け出をしなかったことにより、会員に不利益及び損害が生じたとしても、エディパは一切の責任を負わないものとします。
5. エディパは、登録された会員のID及びパスワードによって、当サービスが利用された場合、会員が利用したものとみなし、実際には会員ではなく第三者が利用していた場合でもあっても、当該利用の効果は、すべて会員に帰属するものとします。
6. 第三者が会員のID及びパスワードを使用して、当サービスを利用した結果、会員に損害が生じたとしても、エディパは一切の責任を負わないものとします。
第12条(携帯電話の管理)
1. 会員は、自己の責任において、端末固有情報が登録された携帯電話を、第三者が不正に使用することがないように厳重に管理するものとします。
2. 会員は、端末固有情報が登録された携帯電話を紛失した場合、及び第三者に不正に使用されている疑いがある場合は、直ちにエディパに届け出て、エディパの指示に従うものとします。
3. 会員が、前号の届け出をしなかったことにより、会員に不利益及び損害が生じたとしても、エディパは一切の責任を負わないものとします。
4. エディパは、端末固有情報が登録された携帯電話によって、当サービスが利用された場合、会員が利用したものとみなし、実際には会員ではなく第三者が利用していた場合でもあっても、当該利用の効果は、すべて会員に帰属するものとします。
5. 第三者が、端末固有情報が登録された携帯電話を使用して、当サービスを利用した結果、会員に損害が生じたとしても、エディパは一切の責任を負いません。
6. エディパは、会員の端末固有情報が登録された携帯電話を第三者に貸与した場合、当該第三者により不正使用された場合であっても、エディパは一切の責任を負わないものとします。
第13条(自己責任の原則)
1. 会員は、会員による当サービスの利用と当サービスを利用してなされた一切の行為とその結果について、一切の責を負うものとします。
2. 会員は、会員による当サービスの利用と当サービスを利用してなされた一切の行為に起因して、エディパまたは第三者に対して損害を与えた場合(会員が、会員規約上の義務を履行しないことによりエディパまたは第三者が損害を被った場合も含む)、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。
第14条(サービス内容の変更)
1. エディパは、会員への事前通知無く、当サービスの内容、名称または仕様を変更することがあります。
2. エディパは、前項の変更に関し、一切責任を負いません。
第15条(利用料金)
当サービスの個々の利用料金は、エディパが別途定めるとおりとします。
第16条(決済手段)
当サービスの個々の利用料金は、エディパが別途定めるとおりとします。また、各サービスによっては、決済方法が限定される場合があります。
第17条(決済)
1. クレジットカードによる決済は、当該クレジットカード会社の規約で定められた支払条件に従うものとします。
2. 預かり金にて代金を前払いする場合は、各支払い先業者の規約に定められた支払い条件に従うものとします。
3. 会員がエディパに前払いした預かり金は、一切返金を受け付けないものとします。
4. 会員は、決済に伴い手数料が発生する場合、これを負担するものとします。
5. 会員は、決済関係先との間で紛争が発生した場合、自己の責任で当該紛争を解決するものとし、エディパは一切責任を負いません。
第18条(利用制限)
1. エディパは会員が以下のいずれかに該当する場合は、当該会員の承諾を得る事なく、当該会員の当サービスの利用を制限することがあります。
  (1) 利用状況、エディパに寄せられた苦情等から、当該会員の個人認証情報が第三者に無断で利用されたと推測される場合
  (2) 電話、電子メール等による連絡がとれない場合
  (3) 会員の名義とクレジットカードの名義に相違がある場合
  (4) 上記各号の他、エディパが緊急性が高いと認めた場合
2. エディパが前項の措置をとったことで、当該会員が当サービスを使用できず、これにより損害が発生したとしても、エディパは一切責任を負いません。
第19条(一時的な中断)
1. エディパは、以下のいずれかの事由が生じた場合には、会員に事前に通知することなく、一時的に当サービスの全部または一部の提供を中断することがあります。
  (1) 当サービス用設備等の保守を定期的または緊急に行う場合
  (2) 火災、停電等により当サービスの提供ができなくなった場合
  (3) 地震、噴火、洪水、津波等の天災により当サービスの提供ができなくなった場合
  (4) 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により当サービスの提供ができなくなった場合
  (5) その他、運用上または技術上エディパが問うサービスの一時的な中断が必要と判断した場合
2. エディパは、前項各号のいずれか、またはその他の事由により当サービスの全部または一部の提供に遅延または中断が発生しても、これに起因する会員または第三者が被った損害に関し、この会員規約で特に定める場合を除き、一切責任を負いません。
第20条(サービス提供の終了)
1. エディパはオンライン上に事前通知した上で、当サービスの全部または一部の提供を終了することがあります。
2. エディパは当サービス提供の終了の際、前項の手続きを経る事で、終了に伴う責任を免れるものとします。
第21条(会員規約違反等への対処)
1. エディパは、会員が会員規約に違反した場合もしくは恐れのある場合、会員による当サービスの利用に関してエディパにクレーム・請求等が寄せられ、かつエディパが必要と認めた場合、またはその他の理由でエディパが必要と判断した場合には、当該会員に対し、以下のいずれかまたはこれらを組み合わせて講ずる事があります。
  (1) 会員規約に違反する行為またはその恐れのある行為を止めること、および同様の行為を繰り返さないことを要求します。
  (2) IDの使用を一時停止とし、または強制退会処分(会員契約の解約を意味し、以下同様とします)とします。
2. 前項の規定は第13条(自己責任の原則)に定める会員の自己責任の原則を否定するものではありません。
3. 会員は、本条第1項の規定はエディパに同項に定める措置を講ずべき義務を課すものではないことを承諾します。
また、会員はエディパが本条第1項各号に定める措置を講じた場合に、当該措置に起因する結果に関し、エディパを免責するものとします。
4. 会員は、本条第1項の第3号および第4号の措置は、エディパの裁量により事前に通知なく行われる場合がある事を承諾します。
第22条(免責)
1. エディパは、当サービスの利用により発生した会員の損害(第三者との間で生じたトラブルに起因する損害を含みます)に対し、会員がこの会員規約を遵守したかどうかに関わらず、一切責任を負いません。
2. 第18条(利用制限)第2項、第19条(一時的な中断)第2項に定める他、エディパは当サービスを提供できなかったことにより発生した会員または第三者の損害に対し、この会員規約で特に定める場合を除き、一切責任を負いません。
第23条(個人情報)
エディパは、個人情報を別途オンライン上に掲示する「個人情報保護方針」に基づき、適切に取り扱うものとします。
第24条(専属的合意管轄裁判所)
会員とエディパの間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を会員とエディパの第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
第25条(準拠法)
この会員規約に関する準拠法は、日本法とします。